堤の家blog

競馬を日々研究!3連単を当てた者が勝ち組だ!近走のレース内容を重視しそこから本命馬や隠れた穴馬を探していく。

【競馬予想 新潟記念】当たる3連単の馬券を本気で考察!

皆さんこんにちは

 

 今回は新潟記念の予想をしていきます。

○新潟芝2000m

・過去10年の傾向

 下位人気まで要警戒

 55~57キロが中心

 近年は4~5歳馬が中心

 

買い目

3連単1頭軸30点

1着◎

2着○○○○○○

3着○○○○○○

 

◎ センテリュオ

○ ダイワキャグニー

○ ジナンボー

○ カデナ

○ ユーキャンスマイル

○ レイエンダ

○ カヴァル

各馬評価

1.アクート 馬券圏外

前走は今回と同開催で同距離のレースだったが最速上がりで勝利した。

しかし3勝クラスではなかなか勝ちきれず前走でやっと勝てた感じだったのでクラスがあがる今回は馬券圏内は厳しいか。

2.カヴァル 3着までか

前走と2走前では小頭数でスローペースのレースだったが後方から直線で外に出ししっかりと差しきった。

3連勝で勢いにのっているし勝ち負け評価でもいい気もするが、乗り替わりで割り引きとし3着までとする。

3.カデナ 勝ち負けになる

前走小倉記念ではスローペースのレースで後方待機から直線だけで2着まで着た。

直線の短い小倉でさらに追い出してから少しスムーズさを欠いたが抜群の伸び足だった。

斤量が少し重めだがそれでも勝ち負けまであるか。

4.クラウンディバイダ 馬券圏外

近走の内容を見てもここでも厳しいか。

5.クリンチャー 馬券圏外

近走はG1に出走しておりレベルの高いレースでの敗戦だが、それでも少し負け過ぎな感はあるし、適距離ではないので今回も厳しいか。

6.ケントオー 馬券圏外

前走や2走前から大幅な距離短縮となるし7歳ではさすがに対応は厳しいか。

7.ゴールドサーベラス 馬券圏外

前走七夕勝では後方待機のレースだったが4コーナーで大外を回し直線伸びて4着まで着た。

大外を回してはさすがに厳しいが馬群をうまく抜けてこられれば3着まではあるかもしれない。

8.サトノキングダム 馬券圏外

前走では小頭数のレースだったが先行し直線では早め先頭に立ちそのまま押し切る強い内容だった。

近走では1600m~1800mが中心だが2000mも十分にこなせるしいい枠も引けたのが印の関係で今回は馬券圏外とする。

9.サトノワルキューレ 馬券圏外

近走の内容を見てみても1600mが適距離だと思うしここでは少し長いので馬券圏外か。

10.ショウナンバッハ 馬券圏外

前走は宝塚記念での10着でしかたないが、2走前のエプソムカップでは最速上がりで4着まで来たがしかしそれが限界か。

今回も馬券圏内は厳しいか。

11.ジナンボー 3着はあるか。

前走は3勝クラス東京2000m不良馬場のスローペースだったがスタート行き足がつかなかったが、その後一気に先頭にでてそのまま最後は後続を突き放す強い内容だった。

今回は逃げ馬が少ないのですんなりとハナが取れスムーズに進めば3着は十分にあり得る。

12.センテリュオ 勝ち負けまであるか

前走のマーメイドステークスではスタート後や最後の直線で他馬とぶつかったりしながらも4着まで追い上げてきた。

2走前はスムーズな競馬できっちり勝っているし、今回は斤量も少ないので勝ち負けまであるのではないか。

13.ダッシングブレイズ 馬券圏外

近走ではそこまで大負けではないがそれでも能力的にここでも馬券圏内はきびしいか。

14.ダイワキャグニー 3着まであるか

前走のメイステークスでは先行策から抜群の手応えで4コーナーから直線に入り追い出してからは後続を突き放す強い内容だった。

その中には今回1番人気のレイエンダもいたしそれでこの人気なら狙う価値はあるし3着なら十分にある。

15.フランツ 馬券圏外

前走は東京1800mでハイペースのレースだったが、後方待機の競馬で直線だけでまとめて差しきっての勝利だった。

しかし展開も向いたなかでギリギリの勝利だったし今回は馬券圏外か。

 

16.ブラックスピネル 馬券圏外

この馬は逃げられなければもろいのだが内枠にも逃げ馬がいるので今回は逃げられなさそうだし厳しいか。

17.ユーキャンスマイル 3着までか

菊花賞3着やダイヤモンドステークス勝利など長距離では結果を残している。

しかし2000mとなるとそこまでのパフォーマンスを出せるかは疑問だしきても3着までか。

18.レイエンダ 2着まではあるか。

前走はのエプソムカップでは雨が降っており稍重でスローペースのレース展開を先行2番手の競馬をし最後は押し切って勝利した。

前走以前の競馬は差し追い込みであまり結果がでていなかったが、前走は先行して勝てたので展開も向いたが脚質があっていたのかもしれない。

今回も展開が向けば2着まではあるか。

 

まとめ

 今回の本命はセンテリュオとカデナで迷ったが最後の決め手は北村友一騎手が選んだ方にした。

昨今の騎乗馬選定は騎手本人が決めていない場合も多いが、それでも本人が選ぼうが代理が選ぼうが基本的には勝てる確率の高い馬にするだろう。

厩舎関係やその他のしがらみもあると思うので一概にはいえないが、そこは知る由もないので考えないようにする。

何はともあれ夏競馬最後なのでしっかりと当てていきたい。

 

 

競馬の予想は印ではなく買い目

 

ではでは…

 

 

 

 

 

 

www.tsutsuminoie.com