堤の家blog

競馬を日々研究!3連単を当てた者が勝ち組だ!近走のレース内容を重視しそこから本命馬や隠れた穴馬を探していく。

【函館スプリントステークス『神』3連単予想】 2019年 3連単はこうして当てろ予想!

皆さんこんにちは

 

今回は函館スプリントステークスの予想をしていきます。

○函館芝1200m

・過去9年の傾向

 人気薄の激走が目立つ

 内枠の複勝率が高い

 3歳4歳馬が好成績

 距離短縮馬が過半数の6勝

買い目

3連単フォーメーション4点 各500円

1着◎

2着○○

3着○○▲

 

◎ アスターペガサス

○ タワーオブロンドン

○ サフランハート

▲ ダイメイフジ

 

 

各馬評価

 1.サフランハート 3着はあるかも

函館W 68.8-54.0-39.0-13.3

前走安土城ステークスでは先行最内のコースで4コーナーあがりこれから加速と言うところで他馬にぶつかりそこから全く伸びずの7着だった。

今回は距離短縮となるし1200mでは好成績を残している。休み明けを一叩きしているしもしかしたら馬券圏内はあるかもしれない。

2.ペイシャフェリスタ 掲示板内

函館W 67.2-51.6-37.8-12.6

前走高松宮記念では中段好位から手応え良く4コーナーを上がってきたがG1ともあって力が及ばず12着となった。

2走前のオーシャンステークスもいい競馬だったが4着までだった。

ここでもよくて掲示板だろう。

3.シュウジ 掲示板外  出走取り消し

函館W 60.2-43.0-13.7

近走3走はダートを使ってきている。ダートでの成績がまずまずよいので取捨が難しいが、他の先行勢も多いしポジション争いも激しくなると思われるのでここでは掲示板外と予想する。

4.ライトオンキュー 3着まである 出走取り消し

函館W 63.6-49.6-37.4-12.3

前走船橋ステークス(1600万)では4コーナーでは手応え抜群ではなかったが直線で追い出されるといい伸び足で差しきっての勝利。

2走前のトリントンステークスでは直線で案外伸びずの5着だったが前走の内容からここでも3着まではある。

5.リナーテ 掲示板内 出走取り消し

函館芝 66.8-50.8-36.5-11.6

近走の京王杯スプリングカップと京都牝馬ステークスではともに差しの競馬で2着まできている。

しかしいい足は持っているがエンジンの掛かりが遅く直線の短い函館では差しきれないのではないか。

6.ダノンスマッシュ 本命 出走取り消し

函館芝 64.2-49.2-36.3-11.4

今回は断ぜんの1番人気になるだろう。高松宮記念では差し追い込み有利の展開の中、先行して4着となり力は見せた。

鞍上も北村騎手から川田騎手へと乗り替わりになり強化された。

ダノンの主戦騎手の川田騎手になったので陣営の本気度も伺える。

7.ダイメイフジ 3着まではあるか

函館W 71.8-56.1-41.6-13.0

テンのからのダッシュ力は相当なものがありゲートも行いので先行力がある。近走では直線掴まり結果がでていないが距離短縮となるし3着に入る可能性はある。

8.トウショウピスト 出走取り消し

函館W 66.2-51.2-37.5-13.0

9.ユキノアイオロス 馬券圏外

美浦W 53.6-39.6-13.0

近走の内容を観るとここでも掲示板も厳しいか

10.カイザーメランジェ 馬券圏外

函館W 65.3-51.4-38.5-13.5

2走前の鞍馬ステークスでは大外枠ながら先行して5着まで粘った。しかし今回は小頭数となってしまったため力が劣るこの馬では厳しいか

11.アスターペガサス 勝ち負けになる

函館W 67.9-52.6-39.1-13.2

前走葵ステークスで1200mへ距離短縮し強い内容を見せた。ここでも十分通用すると思うし勝ち負けになる。

12.タマモブリリアン 出走取り消し

函館ダート 62.8-49.0-36.5-12.8

13.タワーオブロンドン 3着までか

函館芝 69.0-52.4-39.0-12.2

前走京王杯スプリングカップでは中段から豪快な差しで強い勝ち方を見せた。

デビュー戦は札幌だったので洋芝適正は大丈夫だろうが初の1200mというところが引っかかる。ここでは割引が必要か。

 

まとめ

 今回の出来事は競馬界に衝撃をもたらした。禁止薬物で152頭が出走取り消しになるのは前代未聞である。

カイバに混ぜるサプリメントから禁止薬物が検出されたことが今回の原因だ。

厩舎も知ってて接種させていたわけではなく、検査結果前のサプリメントだということを知らずに使用していたとの事だ。

 

どのくらいの期間でこのサプリメントが馬体から抜けるのかは分からないがしばらくは出走取り消しの馬が続出するのではないか。

 

競馬関係者も馬券を嗜む我々も誰も得しない出来事となってしまったが、早く沈静化することを願うばかりである。

 

しかしレースが開催される以上はしっかりと当てていきたい。

 

 

競馬の予想は印ではなく買い目

 

ではでは…

 

 

www.tsutsuminoie.com