堤の家blog

競馬を日々研究!3連単を当てた者が勝ち組だ!近走のレース内容を重視しそこから本命馬や隠れた穴馬を探していく。

【安田記念『神』3連単結果】 2019年 3連単はこうして当てろ結果!

皆さんこんにちは

 

今回は安田記念の振り返りをしていきます。

 

買い目

3連単1頭軸30点

1着 インディチャンプ  4番人気 19.2倍

2着 アエロリット   3番人気 12.5倍

3着 アーモンドアイ  1人気 1.7倍

 

◎ アーモンドアイ  3着

○ ダノンプレミアム 16着

○ モズアスコット  6着

○ ステルヴィオ   8着

○ アエロリット   2着

○ スマートオーディン13着

○ フィアーノロマーノ14着

 

今回の3連単配当は¥43,720。

アーモンドアイがスタート直後の不利があったとはいえ3着になってしまったのには驚いたし残念だった。

 

 

1~3着馬の予想時の各馬評価

 1.アーモンドアイ 楽勝ムードではない

南W 82.3-66.3-51.3-37.6-12.3

前走ドバイターフでは中段外目で競馬するルメール騎手のポジション。

直線前半ではもったまま進出し追われてからは抜群の伸び足で完勝した。

2走前のジャパンカップではスローペースな展開の中2番手で競馬し直線残り300mで前をいくキセキをかわしてそのまま押し切っての勝利。

陣営はドバイターフの2ターンが合っていたと言っていたし今回の東京コースも大丈夫だろう。

不安材料としては海外帰りという点だけだ。

2.アエロリット 内枠展開次第で3着はあるか

南W 55.4-40.6-13.0

前走ヴィクトリアマイルではスタートから横山騎手が押して押してようやく先頭に立ったという感じだった。しかし直線ではいい粘りを見せていたし展開次第では分からなかったかもしれない。

昨年の安田記念は2着に着ているし、今回は内枠を引いて展開が向けば3着はあるか。

3.インディチャンプ 掲示板内

栗東坂路 51.6-37.1-24.2-12.4

前走マイラーズカップではダノンプレミアムをぴったりとマークしていたが直線ではついていけずの4着だった。

2走前の東京新聞杯ではいい勝ち方をしていたが、その時の2着馬レッドオルガは次走のヴィクトリアマイルでは通用していなかったし、インディチャンプもここではよくて掲示板か。

 

考察

予想で勝ち馬のインディチャンプを切ってしまっていたので今回の安田記念は完敗だった。

アーモンドアイ.ダノンプレミアムがでている中で3連単の頭にインディチャンプを持ってくるのは相当難しいが、今後はがんばってこの様な馬券も穫れるように精進したい。

 

インディチャンプ

今回の安田記念では福永騎手がこれしかないという競馬で勝利した。

先行5番手でレースを進め逃げるアエロリットをクビ差で差しきり、後方から迫ってくるアーモンドアイからしのぎきった。

今後もマイル路線で行くとのことだし秋も活躍してくれるだろう。

 

アエロリット

予想では3着までかと思っていたがレース内容、展開もあり2着まできた。

スタートは相変わらず押して押してのハナだが内枠を生かしてスムーズにポジションを取った。最後の直線もしぶとく伸びていたし最高の結果ではないが力を出し切ったいい結果だったのではないか。

しかし鞍上の戸崎騎手はG1で2着が続いているので相当悔しいと思うがこの勢いなら今年中には1個は穫るのではないか。

 

アーモンドアイ

今回はスタート直後の不利があったしルメール騎手も5馬身分遅れたと言っていた。

たらればだがスムーズその不利がなければおそらく勝っていただろうけどこれが競馬の難しさだし面白さだと思う。

しかし川田騎手のダノンプレミアムの隠れたファインプレーもあった。

アーモンドアイの外でずっとマークし勝負どころの4コーナーでも外にでられないようにしていた。そのおかげでアーモンドアイの追い出しも遅くなっていたし、着差を見ればそれが3着という結果になっている。

川田騎手もいかにアーモンドアイに勝とうとしていたかが分かるし、その様な目立たないところにも競馬の面白さがある。

 

 

 

競馬の予想は印ではなく買い目

 

ではでは…