堤の家blog

競馬を日々研究!3連単を当てた者が勝ち組だ!近走のレース内容を重視しそこから本命馬や隠れた穴馬を探していく。

【優駿牝馬.オークス『神』3連単 結果】 2019年 3連単はこうして当てろ結果!

皆さんこんにちは

 

今回は優駿牝馬オークスの振り返りをしていきます。

 

買い目

3連単1頭軸30点

1着 ラヴズオンリーユー 1人気 4.0倍

2着 カレンブーケドール 12人気 94.1倍

3着 クロノジェネシス  2人気 4.1倍

 

◎ ラヴズオンリーユー 1着

○ クロノジェネシス  3着

○ コントラチェック  9着

○ カレンブーケドール 2着

○ シゲルピンクダイヤ 12着

○ ウィクトーリア   4着

○ フェアリーポルカ  16着

 

今回の買い目はラヴズオンリーユーからのマルチだったのでなんと

大的中 三連単配当は¥179,960

カレンブーケドールが思いのほか低評価でそれが2着に着たのが大きかった。

 

1~3着場の予想時の各馬評価

 2.クロノジェネシス 勝ち負けになる

CW 84.3-68.1-53.0-38.8-11.7

前走桜花賞ではグラナレグリアとの力の差を見せつけられたが、直線でもたついたこともあり、スムーズに運べば2着はあったのではないか。

2走目の1800mアイビーステークスを見ても今回の距離的にも大丈夫ではないか。

どのポジションでも競馬ができるが今回は内枠だしすんなりと先行最内にポジションをとれるのではないか。

勝ち負けになるだろう。

 

10.カレンブーケドール 3着まであるか

南W 67.3-52.4-38.0-12.5

前走スイートピーステークスではやや出遅れたが少し押して中段まであがる。その後4コーナー前でまくり気味に押し上げ3番手までくると直線で抜け出しそのまま押し切る強い内容だった。

展開次第では3着まであるか。

 

13.ラヴズオンリーユー 本命

栗東坂路 54.7-40.2-26.2-12.8

前走忘れな草賞ではスタートでは他馬にぶつかりすこし不利を受けたが4コーナーの手応えがよく直線では馬なりでの完勝だった。

ここでも通用する能力は十分あるし勝ち負けになる可能性は十分にある。 

 

考察

 今年の優駿牝馬オークスは前半1000m通過タイムが59秒1とやや早めの平均ペースだった。

勝ったラヴズオンリーユーは無敗でのオークス制覇は2006年カワカミプリンセス以来の快挙だった。

 

ラヴズオンリーユー

道中は中段待機から最後の直線は馬場の真ん中を伸び、先に抜け出したカレンブーケドールを首差かわしての勝利。

 秋の秋華賞も間違いなく中心になるし、陣営はゆくゆくは海外挑戦も視野に入れているみたいだし楽しみな馬がまた増えた。

勝ちタイムの2分22秒8はレコードタイム。

 

カレンブーケドール

12番人気のこの馬が激走してくれた。

スタートから好位追走し直線は早めのスパートで2着まで粘り込んだ。

予想の段階では3着までかと思っていたがうれしい誤算だった。

改めて競馬の予想は印ではなく買い目だ。

 

クロノジェネシス

1枠2番からの好枠からロスなく立ち回り直線のも伸びたが惜しかった。

これでG1は阪神ジュベナイルフィリーズ2着、桜花賞3着に続きまた3着だった。

力があるのは間違いないのでこれからの巻き返しに期待したい。

 

 

今回は3連単高額配当が当てられて非常にうれしい。

今回のレースで思ったのが今までは1着2頭 2着4頭 3着7頭のフォーメーションで買っていたが1着固定にすると当たる可能性は低くなるが配当の跳ね上がりが期待できる。

買い目は本当に難しいがしっかり考えて組み立てていこうと思う。

 

 

競馬の予想は印ではなく買い目

 

ではでは…