堤の家blog

競馬を日々研究!3連単を当てた者が勝ち組だ!近走のレース内容を重視しそこから本命馬や隠れた穴馬を探していく。

【天皇賞・春『神』3連単 結果】 2019年 3連単はこうして当てろ結果!

皆さんこんにちは

 

今回は天皇賞・春の振り返りをしていきます。

 

買い目

3連単1頭軸20点

1着 フィエールマン 1番人気 2.8倍

2着 グローリーヴェイズ 6人気 11.3倍

3着 パフォーマープロミス 8人気 30.6倍

 

◎ フィエールマン 1着

◎ エタリオウ   4着

○ ユーキャンスマイル 5着

○ グローリーヴェイズ 2着

▲ ヴォージュ     競争中止

▲ メイショウテッコン 11着

▲  カフジプリンス   7着

 

今回は印を打った中で3着の馬がいなかったので完敗。

エタリオウが3着まで着ていれば的中だったが…(タラレバ)

3連単の配当は¥49,110

1~3着馬の予想時の各馬評価

 5.グローリーヴェイズ 内枠なら勝ち負けまであるか

南W 68.4-53.8-39.3-12.7

前走日経新春杯の勝ち馬。1枠2番の内枠からスタートし中段最内枠でじっと足をため直線で追い出し最後はそのまま押し切った。

2走前の菊花賞では18番枠スタートで終始外を回され4コーナーでも外から上がってきて最速上がりで5着だった。

今回は内目の枠を引ければ勝ち負けまであるかもしれない。

 

8.パフォーマプロミス 掲示板外

栗東p 71.6-54.7-39.2-12.3

前走京都記念では7枠スタートで先行し3番手の競馬。最内をロス無く回り直線では伸びてきていい感じだったが最後差されての5着。

2走前の有馬記念でも全くの見せ場が無く14着となっている。

近走の内容から見てもここでは掲示板も厳しいか。

 9.フィエールマン 勝ち負けになる

南W 82.2-66.3-51.3-37.5-12.8

前走AJCCでは中段好位から4コーナーで進出し直線良く伸びて勝ち馬のシャケトラを追いつめての2着だった。

2走前の菊花賞では7番人気の伏兵扱いだったが最後の直線で抜群の伸び足を見せエタリオウとの叩き合いを制し1着となった。

まだ5戦しか走っていないが1着3回2着2回と抜群の安定感をもっており、ここでも勝ち負けになる可能性は大いにある。

考察

 平成最後の天皇賞春は最後フィエールマンとグローリーヴェイズの激しい叩き合いのすえに半馬身差でフィエールマンが勝利した。

鞍上のルメール騎手は桜花賞,皐月賞,に続きG1 3連勝。今年はじめは頃は昨年ほどは目立った活躍はなかったのでどうだろうと思っていたが、さすがG1シーズンに調子を上げてきた。

一方Mデムーロはいまだ調子が上がらず1強状態となりつつある。

 

 フィエールマン

スタートし少し出遅れたがスッと位置を上げ安定のルメールポジションへ(中段外目)。直線に入ったところで2着のグローリーヴェイズと叩き合いになったが半馬身差で勝利。勝ちに行ってそのまま勝ちきる強い競馬を見せてくれた。

凱旋門賞にも登録をしているしこの結果だったら挑戦するのではないか。

是非ともそうなったほしい

グローリーヴェイズ

今回の予想では6番人気ながら勝ち負けまであると予想しその通りになったのが今回予想の収穫だった。

レースでは1着のフィエールマンが動いた後、しっかりとついて行き惜しくも叩き合いで負けてしまったが能力の高さを見せてくれた。

フィエールマンとは決着が付いてしまったが宝塚記念にはフィエールマンは出走しないのでこの馬が出走すれば面白いのではないか。

パフォーマープロミス

今回の文字通り予想外だったのがこの馬だった。

 先行で位置取し正攻法の競馬をしてエタリオウに先着しての3着だった。戦績を見るとG2以下のレースでは安定した成績を残していたし、力はあったか。

今回故障してしまったとのことだったので大事に至らなければいいと思う。

 

 

次回はがんばって当てたいと思う。

 

競馬の予想は印ではなく買い目

 

ではでは…