堤の家blog

競馬を日々研究!3連単を当てた者が勝ち組だ!近走のレース内容を重視しそこから本命馬や隠れた穴馬を探していく。

【マイラーズカップ『神』3連単予想】 2019年 3連単はこうして当てろ予想!

皆さんこんにちは

 

今回は読売マイラーズカップの予想をしていきます。

 

買い目

3連単1頭軸20点

1着◎

2着○○○○○

3着○○○○○

 

◎ ダノンプレミアム

○ インディチャンプ

○ グァンチャーレ

○ ストーミーシー

○ パクスアメリカーナ

○ モズアスコット

 

各馬評価

 1.インディチャンプ 2着までか

栗東坂路 52.7-38.7-25.1-12.5

前走東京新聞杯ではスタートで出遅れながらもダッシュがつきスッ中段内目に位置取。4コーナーから直線に入ってから前に壁がなくなりそのまま追い出してレッドオルガ、サトノアレスに追いつめられながらも1着。

2走前の元町ステークスでは1600万のレースだったが、スタートし後方に位置取4コーナーでまくりながら直線で一気に抜け出す強い勝ち方をみせた。

今回は強い相手がいるので2着までか。

2.グァンチャーレ 3着までか

栗東坂路 50.9-37.2-24.3-12.1

前走洛陽ステークスでは折り合いよく道中4番手につけ4コーナーで外に出し直線で先頭に立つとそのまま追い出して押し切っての1着。

しかしこのレースの相手関係や決め手などを考えると今回は3着までか。

 3.ケイアイノーテック 掲示板か

CW 83.9-67.7-52.4-37.9-11.7

前走の根岸ステークスはダートなのでその結果は度外視できる。

2走前の阪神カップでは中段外目を追走していたが4コーナーですでに騎手の手が激しく動いておりその後もあまり伸びずに6着となった。

NHKマイルカップの勝ち馬なのでいかにも穴馬で買いたくなるがここは掲示板が限界か。

4.コウエイタケル 掲示板外

栗東坂路 52.9-38.1-24.8-12.5

前走六甲ステークスでは道中後方待機から4コーナー外を回って直線追い出したがじりじり伸びたが9着だった。

今回も掲示板も厳しいか。

5.ストーミーシー 大穴ねらい(でも3着まで)

南W 85.1-69.1-53.8-39.3-12.6

前走六甲ステークスでは最後方に位置取し4コーナーで進出開始し直線で追い出そうとしたが、前が壁になり外に出すもなかなか進路が取れなかった。スムーズにいっても勝ち負けは怪しいが3着はあったかもしれない。

2走前の東京新聞杯でも15番人気ながらも6着にきているし、今回も3着まではほぼほぼ厳しいと思うが大穴を狙うならこの馬か。

6.ダノンプレミアム 大本命

CW 85.1-68.8-53.5-39.0-11.3

前走金鯱賞では9ヶ月半の休み明けだったが、リスグラシュー、ペルシアンナイト、アアルアインなどそうそうたるメンバーの中、先行策でそのまま押し切る完勝。

2走前の日本ダービーはこの馬にとっては距離が長かったし、そのほかのレースは完勝だしなのでここでは抜けた存在だろう。

去年の安田記念を勝っているモズアスコットがいるが海外遠征返りの初戦なので割り引きだしこの馬中心で問題ない。

7.トーアライジン 掲示板外

 

近走で芝、ダートの500万条件で二桁着順だしレース内容から言ってもここでは厳しすぎる感がある。

8.パクスアメリカーナ 2着までは

CW 81.9-65.7-50.9-37.9-11.8

前走京都金杯の勝ち馬。相手関係はそこまで強くないがそれでも中段外目に位置取4コーナーでは内から4~5頭分くらいの外を回り直線でしぶとく伸びての勝利。

相手関係や着差を考えると今一つだが2走前に見せた直線最後の伸び足は鋭かったしここでも2着まではあるか。

9.メイショウオワラ 掲示板外

栗東坂路 58.3-42.4-27.3-13.3

前走阪神牝馬ステークスでは13番人気で13着。レースも後方待機から直線勝負だったが全く伸びずの結果だった。前走うずしおステークスでは1600万条件だったが最後の直線で馬群を割り差しきっての1着。

うずではまずますのいいレースだったが、ここではやはり掲示板も厳しいか。

10.モズアスコット 3着までか

栗東坂路 54.5-39.5-25.3-12.5

2走前のマイルチャンピオンシップでは中段後方外目にに位置取り4コーナーで進出開始。しかし4コーナー出口付近で外からの馬に被せられてルメール騎手が手を引っ張っていた。その影響もあってか馬が走る気をなくして全く伸びずの13着。

3走前の毎日スワンステークスでは後方待機からの直線一気だったがゴール前でロードクエストに差されての2着だった。5ヶ月の休み明けだったがこの馬が後ろから差されて負けたのが気になるところ。

前走は香港遠征だったし海外帰りから本調子になるのは半年はかかるといわれているしここは完全に安田記念の叩きか。

しかしこの馬の能力は高いので3着までは十分にあるか。

まとめ

 

今回読売マイラーズカップは安田記念の前哨戦ながら10頭建ての小頭数。

昨年は14頭建てだったので今回は少し物足りないが、だからこそ馬券はしっかりと当てていきたい。

本命に選んだのはダノンプレミアム。

これまで戦ってきた相手を見れば断然格上だし、相手筆頭のモズアスコットも不安要素がいくつもあるのでここでは中心で大丈夫だろう。

断然人気になるだろうが大穴に押したストーミーシーが馬券圏内にきてくれれば結構いい配当がつくのではないか。

 

競馬の予想は印ではなく買い目

 

ではでは…