堤の家blog

競馬を日々研究!3連単を当てた者が勝ち組だ!近走のレース内容を重視しそこから本命馬や隠れた穴馬を探していく。

【皐月賞『神』3連単 結果】 2019年 3連単はこうして当てろ予想!

皆さんこんにちは

 

今回は先日予想した皐月賞の振り返りをしていきます。

 

結果

3連単1頭軸30点

1着 サートゥルナーリア 1番人気 1.7倍

2着 ヴェロックス    4番人気 9.0倍

3着 ダノンキングリー  3人気

 

◎ サートゥルナーリア 1着

○ アドマイヤジャスタ 8着

○ アドマイヤマーズ  4着

○ ヴェロックス    2着

○ クリノガウディー  16着

○ シュヴァルツリーゼ 12着

○ ダノンキングリー  3着

 

大的中 3連単¥4,390

 

大的中とは言いましたが30点買って4,390円なので何ともいえませんがとりあえず当てることが大事なので素直に喜びたいと思います。

1~3着馬の予想時の各馬評価

 

3.ヴェロックス  3着まであるか ○

CW 96.0-79.7ー64.6ー50.5ー37.3ー12.1

前走若葉ステークスでは先行3番手で折り合いよく付け、4コーナーでも持ったまま先頭に並び直線追い出してから最後は突き抜けた。

相手関係もそれほど強いメンバーではなかったがいい走りをしていたのでここでも3着まではあるか。

 

7.サートゥルナーリア 大本命 ◎

CW 81.1ー66.0ー51.4ー37.9ー11.7

前走朝日杯フューチュリティーステークスでは持ったままでの完勝劇。しかも桜花賞勝ち馬のグランアレグリアにも先着しているということで1番人気は間違いないだろう。

不安な点といえばぶっつけ本番ということくらいだが、逆にそれで配当があがればというところか。

この馬が飛べば馬券的にはおいしくなるがまず中心で問題ないか。

 

12.ダノンキングリー 2着まである ○

南P 64.5-50.6-37.2-11.6

前走共同通信杯では1キロ斤量が軽いとはいえアドマイヤマーズに勝利。小頭数のレースだったため自力勝負だったのでこの結果は素直に評価したい。

2走前の500万下では中山競馬場での勝利だったのでコース適正も問題なし。

あとは距離だが2000まで大丈夫そうに見えるので2着まではあるか。

 

考察

サートゥルナーリア

予想では突き抜けて勝ってくれると思っていたが結果は頭差での辛勝。

しかしルメールポジションの中段外目から4コーナーで進出し直線で抜け出す強い競馬を見せてくれた。

不安視されていた106日の休み明けが影響したのかこれまでの抜群の伸びは感じられなかったがそれでも皐月賞馬になるのだから驚愕だ。

ダービーもトップコンディションにもってくるだろうしそこでも中心で間違いない。

ヴェロックス

予想時では3着までかなと思っていたが2着に食い込んだ。

スタート良くすっと5番手に位置取し、道中も折り合いがついており4コーナーで位置を上げていき直線入ったところで先頭に立った。

そとからサートゥルナーリアに合わせられそのまま突き抜けられるかと思ったがそこから食い下がり頭差の2着。

審議になったが不利が無くても着順は変わらなかったように思う。

しかしいい走りだったしダービーでも好結果を期待できる。

ダノンキングリー

予想では2着まであると思ったが惜しくも3着。

スタートしてから4番手で先行せ内々を回ってきて最後の直線でも最内を通ってきての結果。戸崎騎手が鞍上でこれしかない競馬をしたのではないか。着差をみてもこの馬が1着になっていてもおかしくはなかった。

ダービーでも楽しみだ。

まとめ

今回の皐月賞は期待通りサートゥルナーリアが優勝した。凱旋門賞の登録もしたとのことなので悲願の凱旋門賞勝利もいけるかもしれない。

しかしダービーで負ければ凱旋門賞に行くと思うがダービーを勝ってしまったら菊花賞に行くのかどうかファン目線でも悩ましい。

 

なにはともあれ人気馬がいない今ではサートゥルナーリアにものすごく期待したい。

 

 

ではでは…